/

この記事は会員限定です

習主席の金融大粛正と独ベンツ攻略は浙江省から

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

抜き打ちの憲法改正によって2022年の次期共産党大会と23年の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で党と国家のトップ3選を固めた習近平(シー・ジンピン、64)は5日、全人代に姿を現した。

実は2月25日の国家主席の任期撤廃案発表に先立ち、「反腐敗」、金融界の大粛正と体制改革、中国自動車産業の育成でも驚愕(きょうがく)の手を打っていた。

いずれも拠点は「浙江省」にある。習の側近グループ「浙江閥」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3057文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン