2019年8月19日(月)

競技ワンポイント解説

フォローする

スノーボード、スリルや駆け引き魅力のパラ新競技
日本勢にメダルの期待

2018/3/6 6:30
保存
共有
印刷
その他

スノーボードは前回ソチ大会ではアルペンスキーの一部として行われ、平昌大会から独立した競技として採用された。下半身に障害がある大腿障害と下肢障害、上肢障害の3クラスがあり、1対1の対戦形式で争うスノーボードクロスとタイムを競うバンクドスラロームが実施される。

小栗らにメダルの期待がかかる

小栗らにメダルの期待がかかる

スノーボードクロスはジャンプ台や起伏のあるコースを2人の選手が同時に滑り、先着した選手が勝ち上がる。健常者の種目と同様、豪快なジャンプや転倒もあり、スリリングな展開と駆け引きが魅力だ。

バンクドスラロームのコースには「バンク」と称されるカーブと旗門が設置され、3回の滑走の最高タイムで順位を決める。障害の程度に応じて係数を掛ける「計算タイム制」はなく実走タイムで争う。

日本勢は男子で下肢障害の成田緑夢(近畿医療専門学校)と、大腿障害の小栗大地(三進化学工業)にメダルの期待がかかる。成田は障害を負う前はフリースタイルスキーなどの日本のトップ選手で、小栗も元プロの経歴がある。〔共同〕

競技ワンポイント解説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

平昌パラ 注目の日本勢

平昌パラのコラム

電子版トップスポーツトップ

競技ワンポイント解説 一覧

フォローする
パラスノーボード 小栗大地

 スノーボードは前回ソチ大会ではアルペンスキーの一部として行われ、平昌大会から独立した競技として採用された。下半身に障害がある大腿障害と下肢障害、上肢障害の3クラスがあり、1対1の対戦形式で争うスノー …続き (2018/3/6)

激しい身体接触があることから「氷上の格闘技」と呼ばれる

 パラアイスホッケーは脚に障害のある選手がスケートの刃が付いた「スレッジ」と呼ばれる専用のそりに乗ってプレーする。金属製の爪が付いたスティックを両手に持ち、氷をかいて動き回る。選手はGKを含めて6人で …続き (2018/3/5)

平昌パラリンピックの距離とバイアスロンの代表選手ら=共同共同

 バイアスロンはスキー距離と射撃を組み合わせた競技。速く滑るだけでなく、呼吸が乱れた中でいかに正確な射撃ができるかが勝負の鍵を握る。カテゴリーは立位、座位、視覚障害に分かれ、それぞれ距離が違う3種目を …続き (2018/3/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。