2018年10月15日(月)

イオン、定番ランドセルを値下げ 3万円に

2018/3/5 12:11
保存
共有
印刷
その他

イオンは5日、2019年春に入学する子ども向けの新しいランドセルを発表した。01年から扱ってきた定番シリーズを刷新し、機能を拡充したうえで価格(税別)を従来の3万5000円から3万円に下げる。少子化が進むなか、19年3月末までの1年間の販売数量を前年比20%増やすことを目指す。

イオンが発表した2019年春の新入学生向けランドセル

定番だった「トップバリュ24色ランドセル」はシリーズ名を「同 かるすぽはなまるランドセル24」に改める。背中に当たる部分を増やし、背負ったときに軽く感じやすくするといった仕組みを採用した。

イオンは17年、年々早まるランドセル商戦を受け、季節商材だったランドセルの通年販売を始めた。少子化で新入学の子どもの人数は減っているが、18年3月末までの1年間の販売量は前年実績を上回るペースで推移しているという。

定番商品を購入しやすくする一方、価格が6万円を超えるパターンオーダー品なども投入し、単価も維持したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報