2018年11月19日(月)

中国国防費8.1%増の18兆円 李首相「強軍の道歩む」

習政権
2018/3/5 11:42 (2018/3/5 12:29更新)
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国の2018年予算案の国防費は前年実績比8.1%増の1兆1069億元(約18兆4500億円)となった。伸び率は3年連続で1桁にとどまったが、前年の伸び率(7.0%)を上回った。李克強(リー・クォーチャン)首相は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)での政府活動報告で「中国の特色ある強軍の道を歩む」と軍備増強を進める方針を示した。

李氏は「国家の主権・安全保障・利益を断固として力強く守らなければならない。強固で現代的な国境・領海・領空の防衛体制を構築する」と強調。15年から着手した230万人の兵力を30万人削減する計画については「任務を基本的に完了させた」と表明した。

全人代に合わせて財政省がまとめた予算案報告は「軍隊の現代化建設をバックアップし、強軍の夢の実現を力強く支える」とした。中国は米国への対抗を念頭に、南シナ海や東シナ海、西太平洋などで活動を拡大中。目標に掲げる「海洋強国」に向けて海空軍の強化を急いでいる。

中国の国防費は1989年以来、2010年を除いて2桁成長が続いてきたが、16年から1桁増になった。経済成長の鈍化に合わせたためだが、それでも米軍に次ぐ世界第2位の規模。日本の18年度予算案の防衛関係費(5兆1911億円)の3倍以上にあたる。さらに中国の国防費には最新兵器の研究開発費が含まれていないとの見方が多く、実態は公表額の2~3倍との指摘もある。

中国の国防費は中央政府分と地方政府分に分かれており、大半を中央政府分が占める。5日に公表されたのは中央政府分にあたる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

中国、海洋強国へ着々 海外港湾30カ所に[有料会員限定]

2018/2/24 23:37

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報