2018年7月23日(月)

新出生前診断の施設拡大へ 臨床研究から一般診療に

科学&新技術
2018/3/3 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる「新出生前診断」について、日本産科婦人科学会(日産婦)は3日、全国約90の医療機関での臨床研究を終了し、一定の条件を満たした病院での一般診療とする方針を決めた。検査結果を説明する支援体制の整備など病院側が満たすべき条件は変わらない。臨床研究の手続きを避けていた医療機関の中には、実施に踏み切る所が出て施設拡大にもつながりそうだ。

 新出生前診断は妊婦の血液を流れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報