/

この記事は会員限定です

新出生前診断の施設拡大へ 臨床研究から一般診療に

[有料会員限定]

妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる「新出生前診断」について、日本産科婦人科学会(日産婦)は3日、全国約90の医療機関での臨床研究を終了し、一定の条件を満たした病院での一般診療とする方針を決めた。検査結果を説明する支援体制の整備など病院側が満たすべき条件は変わらない。臨床研究の手続きを避けていた医療機関の中には、実施に踏み切る所が出て施設拡大にもつながりそうだ。

新出生前診断は妊婦の血液を流れる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン