2019年3月24日(日)

草花びな 野で春を祝う 古の風習
モノごころ ヒト語り

2018/3/3 13:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月3日の桃の節句は中国から伝わり、奈良・平安時代の日本に定着した頃、上巳(じょうし=3月最初の巳の日)の節句と呼ばれていた。水辺に出て禊(みそぎ)を行い、桃花を浸した酒や母子草の汁を入れた餅状のものを食して、心身の健康を保とうとする行事だったと考えられている。ここにひな遊びやひな飾りの要素が加わるのは、3月3日が女性の節句として意識される江戸時代になってからのことである。

江戸時代までの生活文…

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報