/

この記事は会員限定です

春節のインバウンド消費にみる「中国人の日本人化」

ドラッグ店、定番の「神薬」集中買いからトレンド品へ

[有料会員限定]

中国の旧正月にあたる「春節」の今年の休暇(2月15日~2月21日)でも、訪日外国人(インバウンド)による消費は堅調だった。ドラッグストアでは中国で人気のある日本の商品は行き渡り感が鮮明になり、新発売の化粧品など日本人のトレンドを追うような買い物が目立つ。

購買データ分析のトゥルーデータ(東京・港)が、今年と昨年の春節の7連休を分析したところインバウンドの来店が多いドラッグストア1店当たりの売り上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン