/

長野、小平選手など金メダリストに県民栄誉賞

阿部守一長野県知事は2日、平昌冬季五輪で金メダルを獲得した県出身、もしくは県で働くなどゆかりのある選手に県民栄誉賞を授与すると明らかにした。

女子500メートルで滑走する小平=上間孝司撮影

対象はスピードスケート女子の小平奈緒選手(相沢病院、茅野市出身)、菊池彩花選手(富士急、南相木村出身)、高木菜那選手(日本電産サンキョー)の3人。同賞の受賞はこれまで2015年の指揮者、小澤征爾氏のみだった。

県民栄誉賞は15年に創設した。阿部知事は記者団の取材に「県民に大変な希望を与えた」と授与の理由を述べ「(金メダルが決まった瞬間は)テレビの前で思わず万歳を叫んだ」と語った。授与式の日取りはまだ決まっていない。

ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手(北野建設)にはスポーツ特別栄誉賞を贈ることを決めた。そのほか、平昌五輪に出場した県勢23人にスポーツ栄誉賞を授与する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン