2019年6月17日(月)

競技ワンポイント解説

フォローする

バイアスロン、視覚障害は「音」聞き分け射撃
速さと正確性が勝負の鍵

2018/3/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

バイアスロンはスキー距離と射撃を組み合わせた競技。速く滑るだけでなく、呼吸が乱れた中でいかに正確な射撃ができるかが勝負の鍵を握る。カテゴリーは立位、座位、視覚障害に分かれ、それぞれ距離が違う3種目を実施する。

平昌パラリンピックの距離とバイアスロンの代表選手ら=共同

平昌パラリンピックの距離とバイアスロンの代表選手ら=共同

射撃はうつぶせの状態で撃つ伏射で行われ、立位と座位はエアライフル、視覚障害は音で標的の位置が分かるビームライフルを使用する。

種目により回数は違うが、1度につき5発の射撃を行う。男子7.5キロ、12.5キロと女子6キロ、10キロは標的を外した回数に応じて「ペナルティーループ」と呼ばれるコースを回る罰走を科される。男子15キロ、女子12.5キロは1発外すごとにタイムが1分加算される。射撃は風の影響を受けるため、天候もレースを左右する。

視覚障害の選手は射撃の際にヘッドホンを装着し、ビームライフルを動かしながら音が高く変化するポイントを聞き分けて引き金を引く。「ピー」という高音になる位置はごくわずかで、繊細な動きが求められる。距離の部分ではガイドランナーがついてコースを先導する。〔共同〕

競技ワンポイント解説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

平昌パラリンピックのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

競技ワンポイント解説 一覧

フォローする
パラスノーボード 小栗大地

 スノーボードは前回ソチ大会ではアルペンスキーの一部として行われ、平昌大会から独立した競技として採用された。下半身に障害がある大腿障害と下肢障害、上肢障害の3クラスがあり、1対1の対戦形式で争うスノー …続き (2018/3/6)

激しい身体接触があることから「氷上の格闘技」と呼ばれる

 パラアイスホッケーは脚に障害のある選手がスケートの刃が付いた「スレッジ」と呼ばれる専用のそりに乗ってプレーする。金属製の爪が付いたスティックを両手に持ち、氷をかいて動き回る。選手はGKを含めて6人で …続き (2018/3/5)

平昌パラリンピックの距離とバイアスロンの代表選手ら=共同共同

 バイアスロンはスキー距離と射撃を組み合わせた競技。速く滑るだけでなく、呼吸が乱れた中でいかに正確な射撃ができるかが勝負の鍵を握る。カテゴリーは立位、座位、視覚障害に分かれ、それぞれ距離が違う3種目を …続き (2018/3/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]