/

この記事は会員限定です

漂流、北朝鮮拉致 米政策が交渉左右

平成の30年 世界のうねりと(2)

[有料会員限定]
 日本人が昭和の繁栄を謳歌していた1970~80年代、日本人の行方不明事件が相次いだ。北朝鮮による日本人拉致だ。だが「国家による拉致」と認定されたのは1997年、平成に入ってからだった。その後、解決への期待は何度も高まったが、米国の政策の余波に影響され漂流が続いている。

「日本との関係を改善したい」。2001年10月、北朝鮮から外務省に極秘メッセージが届いた。世界を震えあがらせた米同時テロの直後の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン