アカデミー賞パーティーで宮崎牛 焼酎「霧島」も

2018/3/2 17:38
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米ハリウッドで4日に開かれる米映画の祭典、第90回アカデミー賞授賞式後のパーティーのメニューに、宮崎牛と宮崎県産の焼酎「霧島」が採用されることが決まり、各国メディアの関係者に披露された。関係者によると、特定産地の和牛の使用や、焼酎の提供は初めて。

アカデミー賞の公式シェフとも呼ばれる著名なウルフギャング・パックさんは「24年間メニューを手掛けてきたが、やっと最高の牛肉に出合えた。オスカー像を贈りたい」とべた褒め。宮崎牛約135キロを使い、各国のスターにも薦めたいと述べた。

授賞式のすぐ後に開かれる恒例のパーティー「ガバナーズ・ボール」には、各賞の受賞者や候補、映画関係者ら約1500人が出席。世界各地で選ばれた食材を使った60種類以上のメニューが登場し、米国では「スターが楽しむ料理」として話題となる。

今回の採用はロサンゼルス在住の映画監督、曽原三友紀さん(宮崎県出身)がパックさんに働き掛けて実現。曽原さんは「熊本地震の被害を抱え、火山活動も活発化している九州の人々をハリウッドから勇気づけたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]