2018年6月22日(金)

スリランカ大統領来日、12日から 対中けん制 インド太平洋戦略でも連携

2018/3/2 18:00
保存
共有
印刷
その他

 政府は2日、スリランカのシリセナ大統領が12~15日に来日すると発表した。安倍晋三首相は大統領との首脳会談で、自身が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」の重要性を訴え、連携強化を確認する。インド洋などで活発に活動する中国をけん制する狙いもある。滞在中には天皇、皇后両陛下と会見する。

 スリランカは、インド洋と太平洋をつなぐシーレーン(海上交通路)の要衝にあたる。中国も広域経済圏構想「一帯一路」でインド洋を重視し、スリランカやモルディブなどに外交攻勢をかけている。首相はシリセナ氏との首脳会談で経済協力の強化なども確認する見通しで、中国の攻勢に対抗したい考えだ。

 スリランカでは、シリセナ氏が日本のほかインドや欧米を含めたバランス外交を標榜するのに対し、親中派のラジャパクサ前大統領が復権へ攻勢をかけている。2月の地方選挙でもラジャパクサ氏の政党が圧勝した。日本としてはスリランカが再び親中路線に傾かないよう、シリセナ氏との連携を強化し、現政権の外交戦略を側面支援する思惑もありそうだ。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報