2018年5月28日(月)

ホンダの中国新車販売5.9%減 2月 14カ月ぶりマイナス

自動車・機械
中国・台湾
2018/3/2 16:24
保存
共有
印刷
その他

 【広州=中村裕】ホンダは2日、中国での2月の新車販売台数(小売台数)が前年同月比5.9%減の7万7065台だったと発表した。前年実績を下回るのは14カ月ぶり。市場全体が弱含みで推移していることに加え、春節(旧正月)に絡む大型連休が今年は2月に大きく食い込んだことも販売台数に影響した。

 好調が続いていたホンダは毎月、1万台以上を販売する車種が5~6車種にも上っていたが、2月は主力セダン「アコード」の1車種にとどまった。アコードは15.7%増の1万1243台と販売を伸ばした。2番目に売れた「シビック」は25.6%減の9673台だった。

 1~2月の累計販売は前年同期比3.9%増の20万3239台。2ケタ増が続いた昨年までの勢いに、やや陰りも見え始めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報