/

駐メキシコ米大使、5月辞任を表明 外交官辞職相次ぐ

【ワシントン=川合智之】ロベルタ・ジェイコブソン駐メキシコ米大使は1日、5月に辞任するとツイッターで表明した。トランプ政権では外交官の辞職が相次いでおり、後任も補充されない異例の事態が続いている。不法移民問題や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で対立する米メキシコ関係の改善にも支障が出る恐れがある。

ジェイコブソン氏は在職31年のベテラン外交官。最近ではシャノン国務次官(政治担当)やジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表、ジョン・フィーリー駐パナマ米大使らが辞任を相次ぎ表明するなど、国務省幹部の空席が目立っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン