/

北海道で猛吹雪 車救援で出動の男性死亡

(更新)

発達した低気圧の影響で北日本や北陸は2日も荒れた天気となった。死者が出たほか、各地で交通の乱れが相次いだ。北海道では1日に猛吹雪となった影響で動けなくなった車を助けようと、苫小牧市の林道に入ったロードサービス会社の20代男性従業員が同日夜、行方不明となった。捜索していた道警などは2日未明、付近の林で男性を発見、搬送先の病院で死亡を確認した。

車の救援に向かった男性が死亡する事故が起きた北海道苫小牧市の林道の入り口(2日午前8時20分)=共同

道警によると、死亡した男性は他の従業員と計3人で、林道で動けなくなった車の救援に向かった。現場近くで自分たちの車も動けなくなり、会社に応援の除雪車を要請。除雪車が到着しないため徒歩で捜す途中、行方不明になった。

NHK札幌放送局によると、ロードサービス会社に救援を求めたのはNHK苫小牧支局の男性記者(27)で、シカを狩猟するため休暇中に1人で林道に行っていたという。ロードサービス会社の他の従業員も一時不明となったが、NHK記者とともに無事保護された。

苫小牧署によると、現場は道道から林道を数キロ入った地点で、1.5メートル近く新雪が積もっていた。NHK札幌放送局は「救助に来た方が亡くなったのは痛恨の思いで、心よりお悔やみ申し上げる。ご迷惑をおかけした関係者の皆様におわびする」とのコメントを出した。

伊達市でも1日、風力発電用の風車の除雪に向かった男性(49)が一時行方不明となり、同日夜に付近で保護された。

北海道は2日も暴風雪が続き、JRが特急約40本を含む約300本の運休を決めた。東北新幹線や山形新幹線、秋田新幹線でも運休が相次いだ。日航全日空は2日、北海道や東北地方を発着する便を中心に、計110便以上を欠航にした。

北海道の日本海側を中心に各地で最大瞬間風速20~30メートルを観測。2日朝までの24時間に、多い所で50センチを超える雪が降った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン