2018年5月24日(木)

ウーバー、医療・介護機関向けに交通サービス提供

ネット・IT
北米
2018/3/2 5:36
保存
共有
印刷
その他

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズは1日、米国で医療・介護機関へ交通サービスシステムの提供を始めると発表した。

 各機関のシステムから患者や利用者の来院時、医師・スタッフの訪問時の移動手段として、ウーバーを30日前から予約できるようにする。ウーバーのアプリをスマホにダウンロードしていなくても、テキストメッセージや電話を使った連絡で乗車を可能にする。ウーバーのアプリを使わない層の開拓を進める。

 すでに100以上の機関が試験利用を始めているという。自動車を運転しない患者・利用者にとっては乗り合いで移動コストを節約できる利点がある。米国では診察の予約時間に患者が現れない割合が最大で3割に上るともいわれている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報