2018年5月28日(月)

5/28 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ミセス・ワタナベ狩りか トルコリラで投機筋と攻防[有料会員限定]
  2. 2位: 「トランプ発」世界貿易の玉突きリスク 市場は欧州を警戒[有料会員限定]
  3. 3位: ソニー、吉田社長「堅実経営」の原点[有料会員限定]
  4. 4位: 東証前引け 小反落、円下げ渋り・原油安響く 海外勢不在で売買減少
  5. 5位: 株、証券安が映す投資家の弱気 「米朝融和」でも戻り鈍く[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,669,086億円
  • 東証2部 99,348億円
  • ジャスダック 113,613億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.35倍 --
株価収益率14.84倍15.28倍
株式益回り6.73%6.54%
配当利回り1.60% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,481.09 +30.30
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,490 +50

[PR]

スクランブル

フォローする

「月初高」止めたファンド 個人と攻防、潮目変わる?
証券部 植出勇輝

2018/3/1 22:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 1日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、終値は343円安だった。2016年7月から続いた「月初高」の記録は18年2月までの20カ月で途切れた。流れを止めたのは一部のファンド勢。2月以降、株式相場の変動が大きくなったため、月初のタイミングで機械的に株式を売ったとみられている。

 「米国が拠点の年金やヘッジファンドが、コンピューターによる自動売買で日本株先物を売っていた」(米国系証券のトレーダー)

 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

相場と投資を読み解く

1日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

新着記事一覧

読まれたコラム