2019年9月20日(金)

オフィスビルの小口投資商品 穴吹興産が販売

2018/3/1 21:59
保存
共有
印刷
その他

穴吹興産は東京・目黒のオフィスビルを取得し、小口の投資商品として1日から販売を始めた。個人投資家らが任意組合をつくり不動産を購入する不動産特定共同事業(不特事業)の手法で、賃料収入を分配する。建物全体を取得する投資方法に比べ、少額で購入できるのが特徴。同社がオフィスビルの小口化商品を販売するのは初めて。

9階建てのオフィスビルを小口の投資商品として販売する

9階建てのオフィスビルを小口の投資商品として販売する

目黒駅から徒歩7分の場所に立地する東信目黒ビルを取得し、小口化商品「アルファアセットクラブ目黒通り」として売り出した。募集口数は1950口。1口100万円の10口単位で、5月末まで募集する。

満室時の家賃収入を購入価格で割った「表面利回り」は4.7%、維持・修繕費などの経費を除いた「実質利回り」は3.2%を予定する。

金融商品の不動産投資信託(REIT)と異なり、実物の不動産の購入となるため、贈与や相続の際には不動産税制が適用される。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。