2018年12月14日(金)

スノーピーク、公式アプリを配信 ベンチャーと連携

2018/3/1 22:00
保存
共有
印刷
その他

キャンプ用品大手のスノーピークは1日、商品の情報を発信する公式アプリ「Snow Peak」の配信を始めた。アプリを起動し、リアル店舗に入ってチェックインすると、景品と交換できるポイントがたまる。商品の購入履歴などが閲覧できる機能も備えている。顧客の利便性を高めて、店舗への誘客を促す。

アプリはソフトウエア開発のフラー(千葉県柏市)と共同で開発した。スノーピークが発行する会員カードの機能を備え、店舗に入店する際や商品を購入する場合にポイントがたまる。新商品やイベント情報を伝えるプッシュ通知機能もつけた。

米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」や米アップルの「iOS」向けアプリストアから無料でダウンロードできる。アプリ配信後は、製品の修理の予約ができるようにするなど機能を拡充していくという。

フラーは2017年1月、新潟市内に拠点を開設。IT(情報技術)分野の起業家育成に向けた長岡工業高等専門学校との連携や、長岡花火をPRするアプリを開発するなど、地域活性化に向けた取り組みを強化している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報