ピーチの新潟―関西便が就航 新潟空港初のLCC

2018/3/1 22:00
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは1日、新潟空港―関西空港(大阪府)便を就航した。新潟空港へのLCC就航はチャーター便を除き初めて。初日の搭乗率は定員180人に対し8割前後。悪天候の影響を受けて到着時刻が遅れたものの、おおむね順調な滑り出しとなった。

記念セレモニーに参加したピーチ・アビエーションの井上慎一CEO(左から3人め)

初めて新潟空港に姿を見せたピーチ機

新潟―関西便は1日1往復で通常運賃は片道4190~2万3090円。初日の搭乗者数は関西発が143人、新潟発が158人だった。午後3時前、強風で予定から約2時間遅れてピーチ機が初めて新潟空港の滑走路に姿を見せると、搭乗待合室に大きな歓声と拍手が響いた。

観光で新潟を訪れた男性乗客の一人は「以前より新潟に来るのが便利になった。これからも定期的に使いたい」と笑顔で話した。

同日は記念セレモニーも開かれた。井上慎一最高経営責任者(CEO)は「この日を心待ちにしていた。地元との連携で、新潟の皆さんの役に立ちたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]