/

「名物店主」で売り上げアップ 東急ハンズ新宿店

雑貨販売の東急ハンズは1日、旗艦店の新宿店(東京・渋谷)で個性的な販売員を前面に出した「Hi!Tenshu」プロジェクトを始めた。6つのコーナーを新設し、商品への造詣が深い販売員7人が「店主」として接客する。店主の個性や商品への深い知識を売りに、誘客や売り上げ増につなげる。

安土さんは寝具を自己負担で試し、客に提案する(1日、東急ハンズ新宿店)

寝具コーナーは「ぐっすりスヤスヤ商店」として、安土知宏さんが店主を務める。各メーカーの寝具を自己負担で試している安土さんは「睡眠に対する関心が高まり、枕を見直そうという人も多い。お客様にドンピシャの枕を選ぶ」と語る。

コーヒーを1杯ずついれるハンドドリップの商品の販売が好調なコーヒーコーナーは「一杯の珈琲商店」。店主の向井崇広さんは「コーヒーの新しいトレンドを発信する場にしたい」と意気込む。

男性向けスキンケア用品などを取り扱う「おとこっぷり商店」の店主、西智さんは「商品を売るだけでなく、自分の経験から使い方や裏技を伝え、最終的に買ってもらいたい」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン