/

この記事は会員限定です

山形・鶴岡で宇宙VB 特殊カメラのワテックから独立

[有料会員限定]

山形県鶴岡市で宇宙ベンチャー(VB)が誕生した。人工衛星用カメラも手がける特殊カメラ専業メーカーのワテック(鶴岡市)から宇宙関連分野を切り離すかたちでスピンアウトした。当初はワテックの宇宙用カメラなどハードの販売を主力にするが、将来的には穀物の収穫時期を予測するといった人工衛星で収集したデータ分析サービスを柱に据える考えだ。

設立したのは「ワテックスペースベンチャーズ」。ワテックの元社員の原田純平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン