/

札幌市も道に協力要請 日ハム新球場誘致で

プロ野球・北海道日本ハムファイターズ(札幌市)の新球場建設で札幌市の吉岡亨副市長は1日、北海道の山谷吉宏副知事を訪れ協力を要請した。道立真駒内公園への誘致に向け、公園使用料の減免や既存競技場の解体費補助などの支援を求める。もう一つの候補地がある北広島市も27日、道に協力を要請しており、道は2候補地への支援案を検討する。

道と市の協議は非公開で行われた。札幌市の吉岡副市長は協議後、記者団の取材に対し「この段階で協議に進めなければ(誘致の)話がなくなってしまうので、次のステップに進むべきだと判断した」と話した。道との協議と並行して球団との実務者協議を進め、計画の詳細を詰める。

同公園への球場誘致は自然環境の保全や交通渋滞などの面で、住民から反対意見が出ている。札幌市はアンケートを実施し、町の活性化に期待する声も確認。「心配の声には丁寧に説明したい」と吉岡副市長は話した。

札幌市が道と協議に入ったことで、球団が事実上、同公園と北広島市の候補地の2案から新球場建設地を選ぶことが確定した。球団の竹田憲宗社長は2日に高橋はるみ知事と面会する予定で、財政面などでの協力を求めるとみられる。

高橋知事は1日の記者会見で「日ハムが気持ちよく北海道内を本拠地としてプレーできるような環境を札幌市、北広島市と連携して作っていきたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン