/

この記事は会員限定です

東急、南町田に「第二のニコタマ」 再開発に530億円投資

30億円の増益要因に

[有料会員限定]

東京急行電鉄が2020年3月期に開業予定の田園都市線南町田駅(東京都町田市)近くの商業施設に約530億円を投じることがわかった。約200店が入るショッピングモールで、開業翌年度から30億円前後の利益貢献を計画する。周辺の鉄道利用量増も見込め、「二子玉川ライズ」(東京・世田谷)に続く「第二のニコタマ」化を狙う。

開業する施設は2月に閉鎖した東急の商業施設「グランベリーモール」の跡地。敷地面積は約8万3000平方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン