2018年9月24日(月)

輸入品、知財侵害で差し止め急増 中国が9割超

2018/3/1 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 海外から輸入した商品が知的財産権侵害で差し止められるケースが急増している。財務省によると、2017年に税関が差し止めた件数は3万627件で、前年比18%増えた。14年に続いて2番目の高水準だ。中国からの輸入品が全体の92%に上る。コンテナで大量に輸送するのではなく、郵便物として送るなど小口化が進んでいる。

 種類では、イヤホンなどの電気製品が最も多く、スマートフォンのケースなど付属品が続く。

 摘発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報