/

この記事は会員限定です

輸入品、知財侵害で差し止め急増 中国が9割超

[有料会員限定]

海外から輸入した商品が知的財産権侵害で差し止められるケースが急増している。財務省によると、2017年に税関が差し止めた件数は3万627件で、前年比18%増えた。14年に続いて2番目の高水準だ。中国からの輸入品が全体の92%に上る。コンテナで大量に輸送するのではなく、郵便物として送るなど小口化が進んでいる。

種類では、イヤホンなどの電気製品が最も多く、スマートフォンのケースなど付属品が続く。

摘発し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン