あらゆる手段で黒字化を(検証東芝危機)

2018/3/1 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「テレビ事業の借金(利益のかさ上げ額)は84億円。特損で落とせれば非常に助かる」。2013年8月、東芝のテレビ事業部長から企画部担当者に連絡が入った。「会計士が納得するストーリーが必要だ。何ができるのか検討してください」。後に不正の証拠として追及される密謀だった。

東芝の会計問題の真相究明を目指した第三者委員会。15年7月に公表した調査報告書は、テレビ事業部で「キャリーオーバー」と呼ぶ経費計上の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]