2018年9月23日(日)

40人がタカラジェンヌに 宝塚音楽学校で卒業式

2018/3/1 12:55
保存
共有
印刷
その他

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で1日、第104期生の卒業式が開かれた。2年間にわたるダンスや歌唱、礼儀作法の厳しい指導をくぐりぬけた40人は、4月からタカラジェンヌとして舞台生活を始める。

 式に臨んだ卒業生は黒紋付きに深緑色のはかま姿。1人ずつ名前を呼ばれると元気な声で返事し、卒業証書を受け取った。

 小林校長は「2年間の同期生との連帯を忘れず頑張ってほしい」と激励。卒業生代表の越智愛梨さん(兵庫県西宮市出身)は「たくさんの試練が待ち受けているだろうが、注いでいただいた愛情を胸に歩んでいきたい」とあいさつした。

 104期生の初舞台は4月27日の星組公演に決まっている。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報