2018年12月13日(木)

茨城県、高齢者の免許返納を支援

2018/3/1 1:31
保存
共有
印刷
その他

茨城県は3月1日から、運転免許証を自主返納した高齢者向けに県内外の飲食店やタクシー料金などの割引が受けられる制度を始める。運転に不安がある高齢者が免許を自主返納しやすくする環境を整える。

制度は65歳以上の高齢者が対象。運転免許証を警察へ返納すると交付される「運転経歴証明書」を提示すると割引などのサービスが適用される。年々増える傾向にある高齢者の自動車事故発生を防止するのが狙い。

サービスを提供するのは110事業者1040店。例えば、県内の理美容室では自宅への無料送迎や出張調髪が受けられる。飲食店では食事代の値引きやドリンクサービス、タクシーは運賃割引などを用意する。

サービスは一部は県外でも適用される。対象事業者や店の数は拡大していく方針だ。

栃木県や群馬県も事業者と連携し返納者にバス・タクシー券を配ったり、小売店で購入した商品を配送したりといった取り組みをしている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報