/

この記事は会員限定です

ノリタケ次期社長の加藤氏、食器事業「インドに的」

[有料会員限定]

ノリタケカンパニーリミテドは28日、加藤博副社長(61)が6月の株主総会後に社長に昇格する人事を発表した。小倉忠社長(67)は代表権のある会長に就く。加藤氏は財務や人事、経営企画などの部門長を歴任。製造部門に強い小倉氏との二人三脚で工業用砥石などの収益力向上に取り組むほか、赤字の食器事業では次期中期経営計画での赤字脱却を目指す。

名古屋市内で同日に記者会見した加藤氏は「一番の課題は収益力が低いこと。新製品開発と新市場開拓に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン