トヨタ、2回目の労使交渉、一時金「なお隔たり」

2018/2/28 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車とグループの製造系各社は28日、2018年春季の第2回の労使交渉を実施した。グループ労組で構成する全トヨタ労働組合連合会は同日記者会見し、トヨタ自動車労働組合が6.6カ月分を求める一時金について「(労使間に)溝があると認識している」と述べた。

経営側も「なお労使の間に隔たりがあると言わざるを得な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]