2019年6月18日(火)

仮想通貨の「採掘」でPC乗っ取り急増 トレンドマイクロ

2018/2/28 19:59
保存
共有
印刷
その他

情報セキュリティー大手、トレンドマイクロは「マイニング(採掘)」と呼ばれる仮想通貨の取得作業を実行するために、不正に乗っ取られた可能性のあるパソコンが日本で急増している調査結果をまとめた。2017年10~12月期に同年7~9月期に比べ16倍の13万5400台を検出した。

ビットコインなどの仮想通貨は暗号を解くマイニングによって取得できる。ただより多くの仮想通貨を得ようと、他人のパソコンで勝手にマイニングを実行するコンピューターウイルスが出回っている。

閲覧者のパソコンをウイルスに感染させる不正なウェブサイトなどを通じて、被害が急拡大している。感染したパソコンはマイニングに処理能力を奪われ、動作が遅くなるなどの影響が出る。

トレンドマイクロは17年にビットコインなどの価格が高騰したことを受け、仮想通貨を狙うサイバー攻撃が増えていると分析する。18年1月には仮想通貨交換会社のコインチェック(東京・渋谷)が不正アクセスを受け、約580億円分の仮想通貨を奪われた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報