/

この記事は会員限定です

NTTドコモ、dポイント付与が減収要因に 19年3月期から

[有料会員限定]

NTTドコモは顧客に付与する共通ポイントサービス「dポイント」について、2019年3月期から一部を売上高に相当する営業収益から差し引く会計処理にする。従来の米国会計基準では顧客に付与した時点ですべて営業費用として計上していた。

ドコモは19年3月期から国際会計基準に変更する。dポイントの付与により、営業収益が数百億円押し下げられる可能性がある。内容によって営業費用に計上するか売り上げから差し引くか、細かく決め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン