/

この記事は会員限定です

第一三共、一人勝ちの株価が示す期待と危うさ

証券部 阿部真也

[有料会員限定]

第一三共の株価が堅調だ。年初来の上昇率は約3割と、製薬大手で一人勝ちとなっている。2012年に始まったアベノミクス相場でも市場平均に対するアウトパフォームが鮮明になってきた。主力薬の特許切れを穴埋めする新薬にメドが立ってきたとの市場の評価が背景だが、期待値の大きさはやや危うさもはらむ。

「パイプライン(新薬候補)の充実が株価に反映されている」。1月末の決算会見で、広川和憲副社長兼最高財務責任者(CFO)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン