/

この記事は会員限定です

議論の根拠はどこに?

「裁量労働制」の行方

[有料会員限定]

大学で教えるようになって大事だと痛感している言葉に「エビデンス」があります。証拠あるいは根拠と言えばいいでしょうか。何事かを論じるときには、必ず根拠を明らかにしなければならないという鉄則です。そしてその根拠は、誰でも検証可能でなければなりません。

比較できないデータは根拠にならず

もし「AよりBの方が優れている」と主張したいのであれば、AとBを比較することが可能なデータが必要です。比較できないデー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ジャーナリストで東京工業大学特命教授の池上彰(いけがみ・あきら)さんの連載コラムです。経済や教養、若者の学び方や生き方、さまざまなニュースや旬のテーマを、池上さん独自の視点・語り口で掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン