消えた「原発比率7~9%」 環境省案、経産省拒む

2018/3/1 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球温暖化対策を巡る関係各省の攻防が激しくなっている。政府は今夏、電源構成など2050年の見取り図を盛ったエネルギー基本計画をまとめる。環境省や外務省が原子力発電や石炭火力の抑制を狙う一方、経済産業省もエネルギーの安定供給を盾に押し返す。政府の溝ばかりが目に付く序盤戦だが、国際的な信認を得られる責任ある議論は進むのか。

2月19日、環境省は50年までに温暖化ガスを80%削減する目標達成に向け、課…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]