「残業せず高品質のドイツを観察」 DMG森精機社長
DMG森精機の働き方改革(上)

(1/2ページ)
2018/3/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

近年、働き方改革を推進しているDMG森精機。先導するのは同社社長の森雅彦氏だ。そのきっかけは、ドイツの同業他社との経営統合だった。ドイツでは残業をほとんどしないのに、なぜ日本並みの品質を実現できるのか。経営統合の過程で抱いた素朴な疑問が、品質と効率の二兎(にと)を追う原動力になっている。日本とドイツの働き方の違いなどについて森氏に聞いた。

■日本の方が品質は高いが…

2009年にドイツのギルデマイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]