2018年12月14日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,100,835億円
  • 東証2部 79,593億円
  • ジャスダック 91,592億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.53倍13.64倍
株式益回り7.38%7.32%
配当利回り1.81% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,477.14 -339.05
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,450 -330

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

12月13日(木)14:18

景気拡大が「いざなぎ超え」判定 戦後2番目の長さ[映像あり]

防衛大綱 陸海空統合で新領域対応 与党に提示

12月13日(木)13:02

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株321円安、「ややタカ」なパウエル証言に反応複雑
証券部 野村優子

2018/2/28 16:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。市場が注目していたパウエル米連邦準備理事会(FRB)新議長の議会証言がやや、金融引き締めに前向きな「タカ派」的と受け止められたことが影響した。利上げは既定路線なので過剰反応だとの見方から下げ幅を縮小する場面もみられたものの、パウエル氏に対する市場の評価は終日、定まらなかった。

27日の議会証言では3つが注目された。(1)米経済見通しに対する強気の見方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

28日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

読まれたコラム