/

この記事は会員限定です

「縮んで稼ぐ」 小売り・外食の新常識(日経MJ)

[有料会員限定]

店舗の拡大、営業時間の延長に血道を上げた外食・小売り。だが人手も足りないし、そんなマッチョなやり方はもう古い。時短でも店舗削減でも顧客の満足度は工夫次第でいくらでもアップする。自ら「縮む」ことで付加価値を生んだ実践マーケティングに迫った。

人手不足時代の「時短経営」

2月20日、東京・世田谷のファミレス「ロイヤルホスト桜新町店」を訪れた沖ツヤ子さん(70)は「ミート&グリーン ギャザリング・プラッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン