2019年5月26日(日)

トヨタやホンダはHVにシフト

2018/2/28 1:31
保存
共有
印刷
その他

日本の自動車メーカーは、脱ディーゼルを追い風に欧州でハイブリッド車(HV)の販売を伸ばしている。ドイツ当局によると、2017年のドイツの乗用車の販売台数は344万台で、ディーゼルエンジン車の割合は38%。15年の同48%から大きく減少した。

ドイツ市場における17年の日系メーカーの販売台数は約33万台。ディーゼル比率は業界全体よりも低い。トヨタ自動車の17年のドイツでのディーゼル車販売は約8000台で、全体の1割弱にとどまる。

ディーゼル車への規制強化は日本車メーカーに追い風となる可能性もある。トヨタの欧州でのHVの販売は英国やドイツなどが好調で、17年に前年比4割近く伸びた。小型車の「ヤリス(日本名ヴィッツ)」、小型の多目的スポーツ車(SUV)「C-HR」、SUV「RAV4」などがけん引している。

ホンダは欧州で、SUV「CR-V」の新型にHVを設定し、2018年中に発売する。従来のディーゼルタイプはなくす。

自動車メーカーごとの平均燃費「CAFE方式」の規制は欧州でも導入されている。電気自動車(EV)はコストやインフラ、充電時間などの課題があるため、当面は内燃機関を磨いて二酸化炭素(CO2)の排出減に役立てられるHVを主役と位置づける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報