/

この記事は会員限定です

ローカル線どう維持 JR九州専務 前田勇人氏(この人に聞く)

[有料会員限定]

JR九州が3月のダイヤ改正で過去最大の減便に踏み切る。反対の声が上がるなかでの意思決定は、ローカル線沿線で将来の廃線への懸念を強めている。自治体側との溝が埋まらないなか、鉄道網を中長期的にどう維持していくのか。前田勇人専務取締役に聞いた。

――ローカル線は今後、ますます苦しくなると予想されます。

「引き続き鉄道の収入拡大と、新型車両導入による車両の保守点検費用の削減などに取り組む。自助努力でまだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン