/

この記事は会員限定です

丸富製紙、トイレ紙15%値上げ 4月出荷分から

[有料会員限定]

再生トイレ紙大手の丸富製紙(静岡県富士市)は4月21日出荷分からトイレ紙の価格を15%以上引き上げる。原料となる古紙価格が約1割上がったほか、物流費や燃料費の高騰が響く。日本製紙もパルプ価格の上昇を理由に価格引き上げに乗り出すなど、各社の値上げ表明が広がりそうだ。

一般的なトイレ紙(12ロール入り)の店頭価格を298円以上(税抜き)に引き上げ、香り付きや3枚重ねなど高付加価値品は348円以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン