/

この記事は会員限定です

ゴールドマンなどからスタートアップに人材流出

[有料会員限定]

ゴールドマン・サックス証券など外資系投資銀行で活躍した人材が相次ぎスタートアップに移籍している。スポットコンサルティングのビザスク(東京・目黒)の最高財務責任者(CFO)にはゴールドマン出身の瓜生英敏氏が就任。大企業の大型M&A(合併・買収)を支えたバンカーが、メルカリ(東京・港)などにも挑戦の場を移し起業家を支える。産業の転換点を象徴する動きだ。

瓜生氏は約19年にわたりゴールドマン投資銀行部門...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン