2019年3月22日(金)

トヨタの輸出、1月は13.3%増

2018/2/27 21:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車が27日発表した1月の生産・販売台数実績(トヨタ・レクサスブランド)によると、輸出台数は前年同月比13.3%増の13万8千台だった。4カ月連続で前年を上回った。欧州や中国向けを中心に高級車ブランド「レクサス」の輸出が好調だった。

欧州向け輸出は16.6%増えた。ロシアではレクサスの多目的スポーツ車「RX」のうち新しく追加した3列シート車の売り上げが伸びた。環境規制の強化などを背景にハイブリッド車の販売も好調だった。

アジア向け輸出は57.7%と大きく伸びた。大半を占める中国でレクサスの販売が堅調に推移したほか、インドネシアで新型車の売り上げが伸びた。主力の北米向け輸出は0.7%増だった。

中近東向けでは新型「カムリ」の輸出が増えた。17年にオーストラリア工場の操業を停止したことに伴い、同工場から出していたカムリを日本からの輸出に切り替えたのが要因だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報