2018年9月19日(水)

デジタル・カンブリア紀 本社コメンテーター 中山淳史

中山 淳史
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/2/28 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 最近の米国のバズワード(はやり言葉)にgrab and go(つかんで出て行く)があるという。米アマゾン・ドット・コムが1月から始めた食品スーパー「アマゾン・ゴー」のことだ。

 店内にはレジが存在しない。代わりに弁当箱のような130個のカメラ、つまり「目」が天井に設置してある。目は縦、横、斜めから四六時中、人の動きを観察し、買う物、戻した物を正確に見極めてスマートフォン(スマホ)上で決済処理をする…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

中山 淳史

本社コメンテーター

産業・企業経営

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報