「どの業者もありえる」 コインチェック騒動(2)

2018/7/5 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日夕、大阪市のテックビューロが運営する大手仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」で史上最大量のビットコインが取引された。ある個人がザイフから21億BTC(BTCは取引単位)を購入したのだ。時価は日本の国内総生産(GDP)の4倍の2200兆円。ビットコインの発行上限は2100万BTCと決まっており、その100倍の量が取引されるなどあり得ない。原因はシステム障害だ。

午後5時半過ぎから18分間、ザ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]