/

この記事は会員限定です

「どの業者もありえる」 コインチェック騒動

(ルポ迫真)

[有料会員限定]

16日夕、大阪市のテックビューロが運営する大手仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」で史上最大量のビットコインが取引された。ある個人がザイフから21億BTC(BTCは取引単位)を購入したのだ。時価は日本の国内総生産(GDP)の4倍の2200兆円。ビットコインの発行上限は2100万BTCと決まっており、その100倍の量が取引されるなどあり得ない。原因はシステム障害だ。

午後5時半過ぎから18分間、ザイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン