2018年12月12日(水)
速報 > 人事 > 記事

太平洋セメント社長に不死原氏 非セメント事業を強化

2018/2/27 17:46
保存
共有
印刷
その他

太平洋セメントは27日、不死原正文取締役専務執行役員(63)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。福田修二社長(66)は代表権のない会長に就任する。18年度から新たな中期経営計画が始まるのに合わせ、経営体制を刷新する。

後任の不死原氏について、福田社長は記者会見で「幅広い事業を経験し、様々なアイデアをもっている。親分肌でリーダーとしても魅力だ」と述べた。セメント原料の石灰石を扱う資源事業や、廃棄物リサイクルなどの環境事業での豊富な経験を買われた。

17年の国内のセメント販売量は前年比1.6%増の4198万トンと、2020年の東京五輪・パラリンピックに関連した需要もあり堅調だ。しかし五輪後の内需は下り坂が予想される。

こうした中で太平洋セメントは海外事業や環境、資源事業などの非セメント事業の強化を進めている。18年度からの中計でもこれらの事業に集中的に投資していく方針だ。

不死原 正文氏(ふしはら・まさふみ)78年(昭53年)阪大経卒、小野田セメント(現太平洋セメント)入社。15年取締役。兵庫県出身。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報