2019年6月16日(日)

競技ワンポイント解説

フォローする

冬季パラ、平昌でスノボ加わり6競技80種目
スウェーデンで第1回大会

2018/2/27 17:30
保存
共有
印刷
その他

1976年にスウェーデンのエーンヒェルツビークで開かれた障害者スキーの国際大会が、国際パラリンピック委員会(IPC)設立後に第1回冬季パラリンピックと位置付けられた。スキーのアルペンと距離だけの実施で参加16カ国53選手の小規模の大会だった。日本勢はアルペンに男子の深沢定美が個人参加した。日本は第2回ヤイロ大会(ノルウェー)から選手団を派遣した。

アルペンスキー座位の(手前左から)鈴木猛史、狩野亮、森井大輝。日本は第2回大会から選手団を派遣している=共同

アルペンスキー座位の(手前左から)鈴木猛史、狩野亮、森井大輝。日本は第2回大会から選手団を派遣している=共同

92年のアルベールビル大会から冬季五輪と同一都市で行われるようになり、98年長野大会は欧州以外で初開催となった。日本はアイススレッジスピードレース(現在は除外)でメダルを量産し、金12、銀16、銅13の計41個のメダルを獲得。なじみが薄かったパラリンピックの知名度向上に大きく貢献した。

94年のリレハンメル大会でアイススレッジホッケー(現パラアイスホッケー)、2006年のトリノ大会では車いすカーリングが採用された。今回の平昌大会では、スノーボードが独立した競技として新たに加わり、6競技80種目で争われる。〔共同〕

競技ワンポイント解説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競技ワンポイント解説 一覧

フォローする
パラスノーボード 小栗大地

 スノーボードは前回ソチ大会ではアルペンスキーの一部として行われ、平昌大会から独立した競技として採用された。下半身に障害がある大腿障害と下肢障害、上肢障害の3クラスがあり、1対1の対戦形式で争うスノー …続き (2018/3/6)

激しい身体接触があることから「氷上の格闘技」と呼ばれる

 パラアイスホッケーは脚に障害のある選手がスケートの刃が付いた「スレッジ」と呼ばれる専用のそりに乗ってプレーする。金属製の爪が付いたスティックを両手に持ち、氷をかいて動き回る。選手はGKを含めて6人で …続き (2018/3/5)

平昌パラリンピックの距離とバイアスロンの代表選手ら=共同共同

 バイアスロンはスキー距離と射撃を組み合わせた競技。速く滑るだけでなく、呼吸が乱れた中でいかに正確な射撃ができるかが勝負の鍵を握る。カテゴリーは立位、座位、視覚障害に分かれ、それぞれ距離が違う3種目を …続き (2018/3/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]