注射器、覚醒剤用に横流し 容疑の元販売業者ら逮捕

2018/2/27 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

覚醒剤使用に悪用されると知りながら医療用注射器を無許可で譲り渡したとして、大阪府警が元医療機器販売業の男ら3人を医薬品医療機器法違反などの疑いで逮捕していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。注射器は覚醒剤事件の家宅捜索で見つかることが多いが、流通経路が複雑で転売人の摘発につながるケースは珍しい。

2017年に全国の警察が摘発した覚醒剤の密輸事件は126件で、前年の約1.5倍。押収量は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]